機密文書回収処分


公開日:
最終更新日:2019/05/29

機密文書の回収処分

 少量であれば、シュレッダーで細かくして処分も可能ですが、大量になると大変です。 当社では、安全に回収し、その足でグループの製紙会社へ持込み溶解、お客様には、溶解証明をお渡ししております。 グループ内で溶解まで出来るからこそ、他者よりも安く回収しております。  

お預かりできるもの

紙製バインダー/ファイル/ホッチキス針/クリップ/綴じ紐、ビニール紐/少量のガムテープ/少量のカーボン紙(宅配伝票等)/少量の感熱紙(レシート、ジャーナル等)

 

お預かりできないもの

持ち込んではいけない紙がございます!ご注意ください!!

以下のようなものは、お持ち帰り頂くことなりますので、ご注意ください。
※分別をお客様にお願いすることによって、当社は買取を行うことができます。ご協力お願い致します。

紙のように見えても再生できない紙
再生紙に色がでてしまう紙溶かせない紙
・カーボン紙 ・ノンカーボン紙(伝票類)
・感熱紙(FAX用紙、レシートなど)
・アイロンプリント用紙
・中まで色のついている紙
・紙管(トイレットペーパーの芯など)
・不織布(CDのソフトケースなど)・和紙
・合成紙(プラスチックなどが混ざっています)
・写真・シール台紙
・金銀等箔押しされた紙(折り紙・包装紙など)
・ラミネート・ロウ引きされた紙
・紙おむつ・キッチンペーパー
異物が付着した紙特殊な紙
・油汚れ・ペンキが付着した紙・腐敗・変色した紙
・匂い付の紙・使用済みのティッシュ
・感熱発泡紙(点字用の紙)

紙以外の物
・発泡スチロール・金属類(ファイルの金具など)・ガラス類
・粘着テープ・布・家庭ごみ
・フィルム・セロハン類・プラスチック類・その他紙ではないもの・CD・DVD類